image_print

リチウム電池は安全にお使いください

今年はとても暑い夏です。今のスマホなどに使われているリチウムイオン電池は高温下に弱いため、ご注意願います。

リチウムイオン二次電池の安全で正しい使い方

1)電池を乳幼児のそばに放置しない
使用機器及び電池は乳幼児の手の届かないところに置いてください。不用意な取り扱いは危険を伴います。

2)電池をペットのそばに放置しない
動物・ペットのそばには、電池を放置しないでください。噛む等によって電池が破損し、発熱、破裂、発火の原因になります。

3)電池が液もれしたら火気から遠ざける
リチウムイオン二次電池が液もれしたり、異臭がする時には、直ちに火気より遠ざけてください。もれた電解液に引火し、破裂、発火する原因になります。

4)長い時間使用しない時は、電池を機器から取り出す
リチウムイオン二次電池を長期間使用しない場合は、機器の漏れ電流により過放電に至る可能性がありますので、機器から外して湿気の少ないところに保管するか、機器から取り外せない場合は完全に電源を切ってください。

5)電池はショート(短絡)させない
電池をネックレスやヘアピン、コイン、鍵などの金属製品と一緒に持ち運んだり保管しないでください。金属は電気を流すため、電池のプラス極とマイナス極に鍵などの金属がふれるとショートして大きな電流が流れ、発熱、破裂、発火、あるいはこれらの金属などが発熱するなどして危険です。

6)電池に釘を刺したり、踏みつけたりしない
リチウムイオン二次電池に釘を刺したり、ハンマーで叩いたり、踏みつけたりしないでください。リチウムイオン二次電池が変形、保護機構が破損する可能性があり、発熱、破裂、発火の原因になります。

7)電池は充電器や機器に正しく接続する
充電器や機器に接続する時にうまくつながらない場合は無理に接続しないでください。プラス・マイナスを逆に接続すると、リチウムイオン二次電池が逆に充電され、液もれ、発熱、破裂、発火させる原因となります。

8)決められた充電器で充電する
充電式電池(二次電池)はプラス、マイナスを間違えず、正しい方法で専用の充電器(チャージャー)を使用して充電してください。専用器以外で充電すると発熱、破裂、発火などの原因になります。

9)電池を直接電源コンセントやシガレットライターに接続しない
リチウムイオン二次電池は充電器を介さずに直接電源コンセントや自動車のシガレットライターの差込口に接続しないでください。感電したり、高い電圧が加えられることによって過大な電流が流れ、リチウムイオン二次電池を液もれ、発熱、破裂、発火させる原因になります。

10)使用時間が極端に短くなった電池は使用しない
リチウムイオン二次電池には寿命があります。機器の使用時間が短くなった時は、新しいリチウムイオン二次電池とお取り替えください。

11)電池や電池パックは分解、改造はしない
電池や電池パックを分解すると内容物で化学やけどを負ったり、破裂し発火する場合があり危険です。また改造すると危険を防ぐ機能が損なわれ、破裂、発熱、発火する原因となります。

12)電池に直接ハンダ付けしない
電池の端子に直接ハンダ付けしないでください。熱により絶縁物が溶けたり、ガス排出弁や保護機構が損傷し、発熱、破裂、発火の原因になります。

13)電池や電池パックの模造品(改造品)は危険です
充電式電池(二次電池)などは電池メーカーが生産・販売している純正品を使用してください。模造品(改造品)には危険防止のための安全装置が傷んだり、なかったりするものがあります。発熱、破裂、発火したりして危険ですので使用しないでください。製造メーカー名や販売会社名などの表示や注意書きのない電池や電池パックは模造品(改造品)の疑いがあります。購入には十分注意してください。

14)電池は火中に投入しない
電池を火中に投入すると、破裂や発火し非常に危険です。また、電池を加熱すると、液もれ、破裂、発火などが起こる場合があり危険です。

15)電池を電子レンジなどに入れない
電池を電子レンジに入れたり、電磁調理器の上に置かないでください。誤って加熱され、発熱、破裂、発火の原因になります。

16)電池や電池パックは濡らさない
電池を水、海水、ジュースなどの液体で濡らさないでください。リチウムイオン二次電池に組み込まれている保護回路が壊れ、発熱、破裂、発火の原因になります。

17)電池や電池パックに強い衝撃を加えない
電池に高所からの落下など強い衝撃を与えたり、投げつけたりしないでください。リチウムイオン二次電池が変形したり、リチウムイオン二次電池に組み込まれている保護機構が壊れ、発熱、破裂、発火の原因になります。

18)電池を高温になる場所に放置しない
ストーブのそば、炎天下の自動車の車内など高温になる場所に放置しないでください。液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。

19)電池の異常に気づいたら使用を中止する
電池の異臭、発熱、変色、変形、その他今までと異なることに気づいた時は、ただちに使用を中止してください。そのまま使い続けると電池が発熱、破裂、発火する原因になります。

20)膨れた電池を無理やり機器に装着しない
膨れた電池を無理に取り付けないで下さい。リチウムイオン二次電池が変形し、電池内部や組み込まれている保護機構が壊れ、そのまま使い続けると、発熱、破裂、発火の原因となります。

21)熱がこもる場所でのリチウムイオン二次電池の充電はしない
リチウムイオン二次電池の充電中は毛布などで覆わないでください。電池が異常にあたためられ発熱、発火の原因になり、最悪毛布などが燃える恐れがあります。

22)電池は高温になる場所での充電はしない
ストーブのそば、炎天下の自動車の車内など高温になる場所で充電しないでください。液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。

23)取り扱い説明書を読む
使用前に、必ず機器の取り扱い説明書、または注意書きをお読みください。

一般社団法人 電池工業会のHPより

dynabook同梱ACアダプタの一部に発火の可能性があります

東芝より新たなリコールが出ました。
お客様のパソコンを調べてください


2018年6月22日

お客様各位

東芝クライアントソリューション株式会社

東芝製パソコン用ACアダプターの交換・回収について(発煙・発火の恐れ)

このたび、当社製パソコンに同梱及びオプション販売されたACアダプターの一部(アダプター生産期間:2009年12月から2011年7月)で使用された材料の劣化により、発煙・発火に至る可能性があることが判明いたしました。

当社は、対象のACアダプターをご使用のお客様に今後とも安心してお使いいただくために、ACアダプターの交換・回収プログラムを実施し、対象のACアダプターを無償交換させていただきます(※1) 。ご使用のACアダプターが交換対象かどうかのご確認方法と交換のお申込みにつきましては、専用のウェブサイトにてご案内しております。

交換対象のACアダプターをご使用のお客様は、ノートパソコン本体及びコンセントから ACアダプターを外し、ご使用を直ちに中止いただくようお願い申し上げます。

なお、当社ではフリーダイヤルを設け、お客様からのお問合せに対応させていただくとともに、6月25日付の主要新聞紙の朝刊にリコールの告知広告を掲載し、お客様に広くお知らせいたします。

お客様には大変ご迷惑、ご心配をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

※1 海外におきましても、その地域を担当する当社現地法人が対応いたします。

– 記 –

1.回収対象品の概要

回収対象品 ACアダプター
日本国内向け部品番号

ACアダプター
部品番号
G71C0009S210 G71C0009T110 G71C0009T210 G71C0009T116
営業型番
(オプション)
PAACA028
回収対象
ACアダプター
製造期間
2011年2月、3月、6月 2009年12月
2010年3月~7月
2011年1月~4月 2011年7月

2.交換対象品の確認と交換のお申込みについて

ご使用のACアダプターが交換対象かどうかにつきましては、以下リンク先の専用ウェブサイトにてご確認ができます。

また、交換対象であった場合は、速やかにウェブサイトで交換のお申込みをお願い致します。
手入力で確認・申し込みページへ移動する方はこちら

TOSHIBA AC Adapter Code Reader(iOS/Android用アプリ)を使用して部品番号/シリアル番号の読み取りをする場合はこちら

※交換の対象は、ACアダプターのみであり、パソコン本体及び、電源コードは交換の対象ではございません。
※交換用にご提供するACアダプターは、交換前のものと比べて、プラグ形状が異なり、L字型となっておりますが、そのままご使用いただけます。

AC adapter diagram
AC adapter tip

3.お問合せ窓口

dynabook ACアダプター交換窓口

電話番号: 0120-008-772 (フリーダイヤル)
※ 電話番号はよくお確かめのうえ、おかけいただきますよう お願いいたします。

受付時間: 9:00~19:00 (2018年7月31日まで、土・日・祝日を含む)
受付時間: 9:00~19:00 (2018年8月1日より、土・日・祝日・当社指定休日を除く)

ACアダプターの交換・回収プログラムの対象となるACアダプターおよび製品について

今回のACアダプターの交換・回収プログラムで対象となるACアダプターおよびパソコン機種一覧については こちら をご確認ください。

以上