Windows7/Windows8/Windows10 のノートパソコンで、起動や動作にストレスを感じられている方は、SSD化やメモリー増設により快適な動作になる場合があります。

内蔵電池での動作時間を長くしたい方はSSD化により解決する場合があります。

当社では、使われている環境をそのまま残しSSDへの移行を行いますので、ソフトの再インストール・プリンターの再設定などは不要です。
また、壊れていない内蔵ハードディスクは外付けバックアップHDDとして使うことも可能です。
内蔵DVDをあまり使わないという方へは、内蔵DVDの場所に既存のハードディスクを取り付け、内蔵DVDを外付けDVDにして、パソコン本体でSSDとハードディスクを動かすことも可能です。(機種によりできない場合があります)

一度本体をお持ちになり、ご来店をお待ちしています。

ソリッドステートドライブ – Wikipedia

ソリッドステートドライブ(英: solid state drive, SSD)とは記憶装置として半導体素子メモリを用いたストレージ(特に、ディスクドライブ)として扱うことのできるデバイスである。

シリコンドライブ、半導体ドライブ、メモリドライブ、擬似ディスクドライブなどとも呼ばれる。

利点
シークタイムがないためランダムアクセス性能に優れる
物理的な稼動箇所がないため省電力、動作音がしないので静か
物理的な稼動箇所がないためHDDよりはるかに振動・衝撃に強い

欠点
容量単位の価格がHDDより高い
フラッシュメモリを用いたものでは、書き込み・消去(内部動作)のたびに素子が劣化するため、サーバやデータベースなどの用途では寿命が短くなる場合がある
フラッシュメモリを用いたものでは、故障時のデータ復旧の技術は現時点では確立されていない